身元保証人がいない場合も安心 - 身元保証人がいないと入院できない?

身元保証人がいない場合も安心

subpage1

就職をしたり賃貸物件を借りたりするだけではなく、病院への入院や手術といった緊急時にも、身元保証人の同意や押印を必要とする場合があります。

身元保証人がいない情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

こうしたとき、書類を作成してくれる身元保証人がいないという方は、実は少なくありません。高齢になるにつれて親戚や親兄弟がいない、身元保証人の条件である、会社に勤めて定期的な収入のある人がいない、という方もいれば、若い方でも諸事情で保証人の枠を埋められない事情があるという場合もあります。

このような場合、必要なサービスや保証を受けられないという事態にならない様に、有償のサービスがあります。


就職の際や賃貸契約の際の保証人欄をお願いするだけであれば、数万円から引き受けてもらうことができるようになっています。



インターネット上にはたくさんの保証人代行サービスの会社が紹介されています。

必要な時は検索してみる事をおすすめします。またご高齢になられて施設の入居や入院をされる場合に身元保証人がいないとあきらめておられる方にもおすすめできます。



最近では、保証人欄を埋めるだけではなく、葬儀や遺品整理というサービスを付帯して生前整理としても利用できるところがあります。この場合はある程度の金額がかかる仕組みになっています。


葬儀代金や処分代を先に預けておくという対応になるところもありますので、契約内容をきちんと確認したり、複数の会社で相見積りをして相場を知ることも大切になります。