介護施設に入居する際の高齢者の身元保証について - 身元保証人がいないと入院できない?

介護施設に入居する際の高齢者の身元保証について

subpage1

介護施設に入居する場合には、多くの施設が身元保証をしてくれる人をつけることを条件としています。
これは万が一トラブルが発生したり、体調に関する問題が発生した場合にその身元を引き受けてくれる人がいないと施設側は大きな問題となるため、ほとんどの施設で必要となるものです。

高齢者の身元保証に関するご質問を解決いたします。

ただし最近では身寄りのない高齢者も多く、このような人が施設に入居するためには様々な困難を伴うことが少なくありません。

このような人が介護施設に入居するためには、代替え措置としていくつかの方法があります。


1つは後見人を代替え措置として身元保証人の代わりに登録することです。



一般的に後見人は本人が正常な判断ができない場合に資産等の管理を行うことを代行する役割の人ですが、任意で契約する後見人に関してはその業務の範疇が本人との契約によって規定できるため、施設側が認めれば身元保証人の代わりに届け出ることができることになります。

また最近では身寄りのない高齢者のために身元保証を引き受けてくれる保証会社も増えています。
そのほとんどは本人が健康であることが条件となりますが、契約をすることでその職務をしっかりと履行してくれるため、安心して任せることができます。高齢者の身元保証の問題は今後の大きな課題としてその解決策を模索する動きが見られています。



介護施設の中では家族との連絡が取れれば受け入れるところも増えており、今後も様々な高齢者の受け入れ体制が充実していくとみられています。