身元保証人がいないと施設にも入りにくいのが現状です - 身元保証人がいないと入院できない?

身元保証人がいないと施設にも入りにくいのが現状です

subpage1

日本では少子化や高齢化も進み一人暮らしの高齢者も年々増加傾向にあり、2014年の総務省の発表では486万世帯の高齢者が一人暮らしをしています。


未婚率も高くなっているので今後は益々増加の一途をたどる傾向にあり家を処分し老人ホームや介護施設に移ることを考える人も少なくはありません。

多くの医療機関や老人ホームは身元保証人をつけないと入所できないところも多く、日本の施設の8割は入所の際の必須条件となっています。

身元保証人がいない情報が満載です。

その為身元保証人がいないことで断られる場合も少なくはありません。身内がいても高齢で収入がない場合や疎遠になっていて頼めないという場合もあります。



多くの施設が身元保証人をお願いするにはいくつもの理由があり、介護施設等の場合、月額利用料等が発生するところも多く、支払い遅れなどの経済的な保証の為に連帯債務者の役割として必要な場合もあります。

その為、保証人となる人に収入がない場合には収入がある人をもう一人担保としてお願いする事もあるようです。

高齢者の場合は既往症があることが多いので緊急連絡先として身元保証人をお願いする場合もあります。

いないと緊急な手術等の対応も難しく認知症などになっている場合には本人に代わって医療方針等の意思決定をする人が必要な為です。

多くの施設が一番頭を悩ますのは寿命等によって本人が亡くなってしまった場合です。ご遺体の引き取りや葬儀の手配、退去手続きや残金の精算などを引き受けてくれる人がいないと困るようです。また疎遠になっている場合、連絡をとっても引き取りを断られる場合も少なくはありません。



施設にも様々な理由があり身元保証人がいないと受けてあげたくても受けられないのが現状です。